top of page

【サイエンスライティング】4人の子どもを育てながら進んだ研究者の道/玉腰暁子さん(医学研究院 教授)[FIKA No.1]

CoSTEPとダイバーシティ・インクルージョン推進本部の連携企画、ロールモデルインタビューFIKA。

FIKAとは、スウェーデン語で甘いものと一緒にコーヒーを飲むこと。

キャリアや進む道に悩んだり考えたりしている方に、おやつを食べてコーヒーでも飲みながらこの記事を読んでいただけたら、という思いを込めています。サイバコでは、本記事の作成を作成しました。


第一弾は医学研究院の玉腰暁子さん。

玉腰さんは4人の子どもを持ち、20名以上の学生・スタッフをかかえる研究室を切り盛りする教授です。

この言葉だけを聞くと、仕事と家庭を両立させながらどれだけ華やかなキャリアを築いてきたのだろうと思いますが、玉腰さんから返ってきた言葉は「行き当たりばったりの人生」でした。

【森沙耶】


本文は、いいね!Hokudaiをご覧ください。




閲覧数:20回0件のコメント

Comments


bottom of page