top of page

女性研究者のフロントランナーを紹介するインタビューシリーズ「LILAS」が始動。第一段は北大歯学研究院の樋田京子さん


フロントランナーとして活躍している女性リーダー(Leader)を紹介する女性研究者インタビューシリーズLILAS。リラはフランス語で札幌の花としても知られるライラック(Lilac)を意味します。 インタビューの内容から着想を得た植物のアレンジメントとともに、植物の持つ力強さやしなやかさ、多様性などのメッセージを媒介させながら、オリジナルインタビューシリーズとして発信していきます。

【森沙耶】



第一回は歯学研究院の樋田京子さん。歯学部を卒業後に結婚。臨床医として勤務したのち大学院進学、博士号取得後も産休をはさみながら臨床医として働いていましたが、夫の留学を機に渡米。アメリカで子育てしながらポスドクとして研究する生活を送り、帰国後は北大で研究者としてのキャリアを歩んでいます。子育てで時間的制約があったことから、助教時代から研究室メンバーがそれぞれ納得して研究を進めていくことが研究室として成果を挙げることにつながると常に意識し、自分のふるまいやメンバーとのコミュニケーションについて試行錯誤しながら自分なりのマネジメント方法を築いてきたという樋田さん。その考え方からTipsまでご紹介します。


本文は北海道大学ダイバーシティ・インクルージョン推進本部のホームページよりご覧ください。






閲覧数:53回0件のコメント

Comments


bottom of page